【衝撃ファイル】女子大生ミシェル殺人事件の犯人は誰?【失踪事件】

事件

 

まえがき

注:本記事では、アメリカカルフォニア州で起きた女子大生ミシェルの殺人事件について

実際のニュースを元に一部脚色を加えています。

従って、番組で放送される事件の内容や登場人物の名前が一致しない可能性がありますので

ご了承ください。

 

今回ですけども、2020年9月15日放送の「世界が騒然!本当にあった衝撃ファイル」にて、アメリカ カルフォニア州で起きた女子大生ミシェル殺人事件が特集されるということで、放送開始前にまとめてみたいと思います!

 

この事件は番組が独自で作成されたものではなく、2008年にアメリカで実際に起きた事件となっています。

 

事件が起きた当時は、衝撃的な内容であったためかなりの騒ぎになったそうです。

 

本記事では、下記の内容を中心にまとめて行きたいと思います!

 

■女子大生ミシェル殺人事件の内容

■女子大生ミシェルを殺害した犯人は誰?

 

それでは、確認していきましょう!

スポンサーリンク

■女子大生ミシェル殺人事件の内容

出典:公式サイト

まずは、番組紹介文からイェール大学の美女学生殺人事件の内容を確認していきましょう。

アメリカ・カリフォルニア州クレセントシティの駐車場で、一台の車が炎上する事件が発生!
同時に、車を運転していたはずの女子大生が行方不明となり、その後、65kmも離れた橋の下で遺体で発見される…。
警察が捜査を進めると、女子大生を殺害した2人の容疑者が浮上する。
凶悪犯は誰なのか?残された痕跡から事件の真相を暴け!

引用:公式サイト

 

この内容から、女子大生ミシェルを殺害した犯人を残された痕跡から警察が立ち上がり捜索する内容であることがわかりますね。

 

不可解な点としては、

■女子大生のミシェルの車が炎上した理由はなぜ

■車が炎上後、女子大生のミシェルはなぜ行方不明となったのか

■なぜ65kmも離れた橋の下でミシェルの遺体が発見されたのか

が挙げられますね。

 

もしも、ミシェル(女子大生)を初めから何者かが殺害しようと試みていたと仮定したら、
ミシェルの車の炎上も計画の内だった可能性がありますね・・

 

綿密な計画と準備のもと行われた犯行であることが予想されますね。

 

次の見出しでは、ミシェル(女子大生)を襲った犯人についてネタバレ内容を調べて生きたいと思います!

 

ネタバレが嫌な方は閲覧を控えて頂くようお願いします。

スポンサーリンク

■【ネタバレ】女子大生ミシェルを殺害した犯人は誰?

 

2008年7月15日。

 

当時、ミシェル(女子大生)は生活に困窮していた。

 

どうにかして、お金を稼がないといけない。

 

金銭的に追い詰められたミシェル(女子大生)は友人に相談し、何とかすぐにお金を稼げる方法がないか聞いた。

 

その友人の名前は「ジョサイアミラー」

 

ジョサイアミラーはミシェル(女子大生)に「購入依頼の仕事がある」と紹介した。

 

その名の通り、自分の代わりに依頼されたモノを購入する仕事である。

 

ミシェル(女子大生)は藁にもすがる思いで、その購入依頼の仕事を承諾した。

 

しかし、この購入依頼を受けたことが悲劇の始まりとなる。

女子大生ミシェルを殺害した犯人や最悪な結末について気になる方は次のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました