【職場の教養】明日(12月17日)の「日本の航空機の父」感想まとめ!朝礼が苦痛なあなたへ

 

 

【職場の教養】明日(12月17日)の「日本の航空機の父」本文

 

■日本の航空機の父

一九〇三年十二月十七日、気球やグライダーではなく、動力付きの飛行機で、世界初の有人飛行に成功したのがアメリカのライト兄弟です。

実はその十二年前、愛媛県生まれの二宮忠八の手によって「カラス型模型飛行器」が造られました。人は搭乗しませんでしたが、丸亀練兵場から動力飛行機が日本の空を十メートル飛んだのです。

幼い頃から好奇心旺盛な二宮忠八は、外で昼食を摂っている時、滑るように舞い降りてきた烏を見て、《翼で向かってくる風を受けとめられれば空を飛べるのではないか》と考えて研究に専念し、飛行原理を発見しました。

その後、実用化を目指しましたが、許可が降りず、ライト兄弟に先を越されま
した。しかし、この功績で「日本の航空機の父」と称されています。

《人のためにこれがしたい》と強く願って視野を広げていると、思いがけず良い発見に恵まれます。また、地域に貢献し、お客様の役に立とうという思いを深めていると、素晴らしい情報が集まってくるものです。

 

■今日の心がけ

視野を広げましょう

【職場の教養】明日(12月17日)の「日本の航空機の父」感想まとめ

 

■感想パターン①

本誌にあります通り、人のためにこれがしたいという思いを持つことが大切であると感じました。

 

私自身の行動を振り返ってみると、人のために行動した経験があまりなかったので、考えを改める必要があるとも思わされました。

 

仕事におきましても、お客様のためのニーズを正しく把握し、最高のサービスを届けるという思いを持つことで、質のいい仕事に繋がると感じましたので、日ごろから意識していきたいと思います。

 

■感想パターン②

世界初の有人飛行に成功したライト兄弟の名は知っていましたが、二宮忠八の存在は初めて知りましたので、知識が広がりました。

 

人のためにこれがしたいという気持ちを強く持つことで、世の中の人々が本当に欲しているものを正しく認識が出来ると感じました。

 

ライト兄弟や二宮忠八のような偉人には、到底追いつけませんが、人のためにこれがしたいというマインドを持つことは今日からでも出来ますので、実践していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました