【世界仰天】令和3億円事件の犯人の名前は伊東拓輝!会社名はアサヒセキュリティ?犯行手口や犯行動機(理由)は?

事件


 

まえがき

 

こんにちは、はっしーです。

 

今回ですけども、2020年9月15日放送の「ザ!世界仰天ニュース」にて、令和3億円事件が特集されるということで話題になっています!

 

調べてみると、ある会社員が勤め先企業の金庫から約3億6000万円もの金額を盗んだ事件だそうです。

 

一体どうやって、3億6000万円もの大金を窃盗することができたのでしょうか。

 

本記事では、下記の内容についてまとめていきたいと思います!

 

■【世界仰天】で特集される令和3億円事件の内容

■【世界仰天】令和3億円事件の犯人の名前は伊東拓輝!犯行動機(理由)は?

■【世界仰天】3億6000万円を窃盗された会社はアサヒセキュリティ?

■【世界仰天】令和3億円事件はなぜ起きた?犯人の犯行手口は?

 

それでは、確認していきましょう!

スポンサーリンク

■【世界仰天】で特集される令和3億円事件の内容

まずは、令和3億円事件の内容を番組の紹介文から確認していきましょう。

▽信頼され昇進したばかりの男が3億6000万円を盗み忽然と消えた!真面目な男がたった1人で起こした意表を突く手口とは!?驚きの逃亡劇まで完全再現!

出典:公式サイト

「ザ!世界仰天ニュース」では、当時の事件が完全再現されるみたいですね!

 

ただ、犯人の名前や現金窃盗された会社名なども実名のまま使うのかは微妙ですね。

 

ですので、次の見出しからは、「令和3億円事件」の犯人の名前や現金窃盗の被害にあった会社名などを調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

■【世界仰天】令和3億円事件の犯人の名前は伊東拓輝!犯行動機(理由)は?

 

【ザ!世界仰天ニュース】では、令和3億円事件の犯人の名前は明かされるのでしょうか。

 

ここまでの窃盗事件は歴史を遡っても前例がほとんどないですから、犯人の名前が気になるところですよね。

 

令和3億円事件の当時の報道内容を確認したところ、犯人の名前は「伊東拓輝」だそうです。

 

また、伊東拓輝さんの勤務態度は真面目で責任感もある社員と評されていたそうです。

 

そんな方がどうして3億円以上の大金を盗み出そうと画策したのでしょうか。

 

取調べの内容を確認したところ、伊東拓輝さんは「今後生きていく生活費として使うため、一人でやった」と供述していました。

 

今後の生活費目当てで3億円を窃盗するというのは、少々話が飛んでいるなというのが正直な感想ですね。

 

よっぽど裕福な暮らしがしたかったのでしょうか。

 

もしくは、自身や家族、もしくは友人に借金があるなど隠された動機があった可能性も考えられますね。

スポンサーリンク

■【世界仰天】3億6000万円を窃盗された会社はアサヒセキュリティ?

令和3億円事件で被害にあった会社は伊東拓輝さんが勤務する警備会社「アサヒセキュリティ」です。

 

「アサヒセキュリティ」は現金管理や出納業務、売上金回収などのサービスを提供している会社です。

 

全国展開もされており、北は北海道、南は沖縄の宮古島まで事務所を構えています。

 

そんな全国的に名の知れた企業で起きた現金窃盗事件ですから当時は大騒ぎになったことを覚えています。

 

セキュリティ会社は信用が命ですから、今回の令和3億円事件は非常に大打撃を受けたことと思います。

 

今後、二度とこのような事件が起きないように、徹底したセキュリティ対策と社員教育を施す必要があると感じました。

スポンサーリンク

■【世界仰天】令和3億円事件はなぜ起きた?犯人の犯行手口は?

 

3億円という大金が窃盗された大事件。

 

伊東拓輝さんの犯行の手口はどのようなものだったのでしょうか。

 

調べてみたところ、犯行の手口自体は巧妙なトリックがあるわけではありませんでした。

 

~犯行手口と経緯~

 

2019年9月4日。

伊東拓輝さんはアサヒセキュリティの金庫室に入り、4つのダンボール箱に分けて現金を
詰めて運びだすことに成功した。

 

2019年9月5日。

伊東拓輝さんは出勤予定だったが、同僚に「今日は休む」とメッセージを入れて、会社を欠勤した。

 

2019年9月6日

先日に続き伊東拓輝さんは欠勤。

無断欠勤を不審に思った会社は金庫室の防犯カメラを確認したところ、伊東拓輝さんが現金を窃盗している姿が収められていて、即日解雇と警察に被害届を提出した。

 

犯行の手口自体は至ってシンプルですね。

 

外部からの窃盗対策は強固だったかもしれませんが、内部からの窃盗対策は出来ていなかったことが
今回の事件を招いてしまったともいえますね・・

 

しかし、伊東拓輝さんはこの犯行で本当にバレずに3億円を窃盗できると考えていたのでしょうか。

 

防犯カメラはありとあらゆる箇所に設置されているので、逃げ切ることなんて不可能だとは考えなかったのかが疑問です。

 

あまりにも先を考えていない犯行だったので驚きでしたね・・

 

後日談になりますが伊東拓輝さんは、裁判の判決の結果、2020年1月10日に「懲役4年6ヶ月の実刑判決」が下されました。

 

今後二度とこのような大事件が起きないことを願うばかりですね・・

 

また、今回のような歴史に残る大事件は他にも記事にまとめてありますので、よかったら確認してみてください!

 

イェール大学アニー・リー事件

元アイドルXストーカー殺人事件 (※閲覧注意)

【名主の祟り】ほっぱんの正体

 

それでは、今回は以上とさせていただきます!

 

最後までご覧いただき有難う御座いました!!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました