錦織圭は現在どこにいる?コロナ感染で後遺症や全米OP棄権の可能性も?

プロテニス

 

まえがき

 

こんにちは、はっしーです。

 

つい先ほど確認したニュースのお話になるのですが、プロテニスプレイヤーの「錦織圭」さんが新型コロナに感染してしまったというニュースを見受けました。

 

最近、スポーツ界でも新型コロナ感染者が増えつつありますよね。

 

テニス界隈だと、ジョコビッチ選手も新型コロナに感染されており、大会運営に支障をきたすケースも確認されていますね。

 

今回は、錦織圭さんが不運にも新型コロナに感染してしまったということで、現在の錦織圭さんの状況や新型コロナ感染による後遺症や全米OP棄権の可能性について調べていきたいと思います。

 

それでは、確認していきましょう。

スポンサーリンク

錦織圭は現在どこにいる?

出典:https://www.thetennisdaily.jp/news/atp/2020/0040368.php

新型コロナに感染してしまった錦織圭さんですが、現在は米フロリダ州に滞在しているとのことです。

男子テニスの錦織圭(30)=日清食品=は16日、自身の公式アプリで新型コロナウイルスに感染したことを発表した。「検査で陽性と判断された。ウエスタン・アンド・サザン・オープン(OP、22日開幕・ニューヨーク)は欠場せざるを得ない。21日に再度検査を受ける」とコメントしている。練習拠点の米フロリダ州に滞在中で、症状は軽いとみられる。

出典:YAHOO!JAPANニュース

 

錦織圭さんは、昨年肘を故障してしまい、しばらく大会に出場が出来ず満を持して今年の「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」が復帰戦となるはずだったのに、非常に残念ですね、、

 

錦織圭さんはプロスポーツプレイヤーですから新型コロナの予防は人一倍入念に行っていたと思いますので、尚のこと悔やまれますよね。

 

今回の「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」で試合勘を取り戻して、万全の状態で全米OPに挑むというシナリオが崩れ去ってしまったのは非常に悲しくいたたまれない気持ちになりますね、、

 

いちファンとしての思いですが、焦らず治療に専念して万全な状態で試合に臨んでいただきたいと心より思っています。

スポンサーリンク

新型コロナの後遺症は大丈夫?今後の選手生命に影響は?

新型コロナに感染した人は、後遺症が残るケースがあります。

 

後遺症の症状としては、下記の症状が挙げられます。

 

■呼吸器疾患

■倦怠感

■息苦しさ

■関節痛

■胸の痛み

■嗅覚障害

 

また、後遺症の発症割合については、以下の調査結果が報告されています。

新型コロナウイルスに感染し、退院後も呼吸器疾患を含む「後遺症」が続くとの報告が世界中で相次いでいる。

…(中略)…

英ロンドン大キングスカレッジなどが約400万人を対象に調査した結果、約10人に1人の割合で症状が3週間以上続いていた。

出典:YAHOO!JAPANニュース

プロスポーツプレイヤーにとってこのような後遺症が残ることは、致命的と言えます。

 

後遺症の割合が、約10%と決して高すぎる数値ではないですが、安心はできないというのが現状となりますね、、

 

どうか錦織圭さんが後遺症を患わないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

全米OPはどうなる?棄権?

 

2020年9月1日から開催される全米OPですが、新型コロナに感染したことにより、全米OPの出場は厳しいのではないかと思います。

 

錦織圭さんの場合、新型コロナの症状は軽症とのことですが、他のテニスプレイヤー達に意図せず感染させてしまうリスクがある以上、今年の全米OPは見送らざる負えないのかなと感じています。

 

全米OPのために、必死にリハビリして血のにじむような努力を積み重ねて、ようやく全米OPが見えてきたという時に新型コロナに感染というのはあまりにも残酷ですね、、

 

ただ、全米OPの参加可否は錦織圭さん並びに専属のコーチや各関係者と相談のもと決定されますので、今後の状況次第では全米OP出場の可能性も少なからずあると思います。

 

続報を待ちましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は錦織圭さんの新型コロナ感染についてまとめてみました。

 

■錦織圭は現在、米フロリダ州に滞在

■後遺症の発症割合は約10%

■現状だと全米OPは棄権の可能性が高い

 

錦織圭さんの新型コロナ感染のニュースは非常にショックでしたね、、

 

なにより、錦織圭さん本人のお気持ちを考えると本当にいたたまれないです。

 

非常に辛い状況にはなりますが、どうかこの逆境に屈することなく、今後とも世界で活躍し続けてほしいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました