ほっぱんとは祟りなのか?その正体はツツガムシ病だった!?【世界の何だコレミステリー】

ミステリー

 

 

まえがき

 

こんにちは、はっしーです。

 

今回ですけども、2020年9月9日放送の【世界の何だコレ!?ミステリーSP】で高知県土佐で起きた村人を襲う謎の病 名主の祟り「ほっぱん」について特集されるということで話題になっています。

 

村人に次々と襲いかかる謎の現象
名主の祟りと恐れられた「ほっぱん」

それは、高知県のとある村で長年言い伝えられてきた…

夏になると、発疹を伴う発熱、さらには体のどこかに、謎のかさぶたが残り…
最悪の場合、死に至ってしまうという“原因不明の病”が、村人を襲っていた。
現地では、かつて村人のために命を落とした名主の祟り「ほっぱん」と恐れられてきたという。

村人を襲うこの現象に、ある1人の男が立ち向かう。
「ほっぱん」とは一体何なのか…

引用:番組公式サイト

 

ほっぱんとは一体何なんでしょうか。

あまり聞きなれない言葉ですよね。

 

名主の祟りというくらいですから、心霊的な要素を含んでいるのでしょうか。

 

本記事では、高知県土佐で起きた村人を襲う謎の病 名主の祟り「ほっぱん」の正体について調査していきたいと思います!

 

それでは、確認していきましょう!

スポンサーリンク

ほっぱんの症状とは?

出典:番組公式サイト

 

名主の祟りとして恐れられる「ほっぱん」

 

ほっぱんとなった人々は、前兆もなく突然原因不明の高熱が出て、やがて赤色や紫色の発疹が全身に現れてくるという。

 

しかも、身体的症状が現れてから、わずか数週間のうちに、死亡されるケースも確認されている。

その死亡率の高さと原因不明の発熱・発疹という奇怪な症状から【名主の祟り】として恐れられていた。

スポンサーリンク

■ほっぱんの調査が開始される

 

時は1951年6月。

 

ほっぱんの原因を解明すべく、東京大学助教授で伝染病研究所主任であった寄生虫学者の「佐々 学」が調査に名乗り出た。

 

以前より佐々は高知県土佐で原因不明の発熱で苦しんでいる人がいると聞いており、症状の特徴から【ツツガムシ病】ではないかと当たりをつけていたため、現地に行くことで、解決できるかもしれないと踏んだのだ。

 

すぐさま東京を出て高知県土佐へ向かう。

 

ほっぱんで苦しんでいる人がいると報告されたのは、海沿いの小さな集落である伊田地区であった。

 

伊田地区には山と海に囲まれたわずかな平地に100軒ほどの民家がある集落だった。

スポンサーリンク

■名主の祟り

 

まず、佐々が伊田地区に到着して取り掛かったのは、現地に住む人々への聞き込み調査である。

 

聞き込みを進めていると、「伊田地区のことなら沢田文五郎に聞くといいよ」と言われた。

 

どうやら沢田文五郎は町の顔役だそうだ。

 

早速、沢田文五郎に聞き取りを行うため、沢田家を訪ねた佐々。

 

そこで、佐々は沢田文五郎から【名主の祟り】の伝承を知ることとなる。

 

その昔、この伊田の村に掛川信吉という名主がいた。

ある時、お上が所有する材木を、伊田の村人たちがお上のものとは知らずに使ってしまった。

それに逆鱗したお上は名主の掛川信吉に自害を命じ、名主掛川信吉は切腹して果てた。

「ほっぱん」は、村人の不注意で命を奪われた名主の、お上と村人に対する恨み祟りである。

佐々学『日本の風土病』[3]小林照幸『死の虫』[2]より、一部改変引用

引用:wikipedia

 

ほっぱんは明治初年から発症者の記録が残されており、子供から年配の方まで多くの死者が出ていると沢田文五郎を言う。

 

突如発生する謎の高熱と発疹から、多くの人が祟りだと恐れていることを佐々は改めて実感した。

 

佐々はこの話を聞いて、「ツツガムシ病と考え調査に来たのは早計であったかもしれない」と一抹の不安がよぎった。

スポンサーリンク

沢田文五郎のメモとほっぱんの真相を知りたい方は次のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました